季色 ときいろ

季色(ときいろ)のぷくぷく多肉ライフへご招待

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

518 タブロー(壁掛け)の季色的水遣り方法

mizuyari004.jpg
1.洗面器や水桶などを用意します

mizuyari005.jpg
2.ジャージャー水をかけてゆきます。(別にシャワーでなくても可です。)

mizuyari006.jpg
3.15分くらい漬けておきます。

ポイントです
多肉植物は根からしか水分を吸収できません。
なので霧吹きで葉に水を噴いても肝心な「根」に水がいかないのです。
季色のタブローは土が入っています。
その土に水がいくように水遣りしてください。
上で紹介した季色的水遣り方法は
実際に季色でタブローに水遣りするときの方法です。
これでなくてはいけないわけではなく、
確実にタブローの土に水が届く1つの方法だとおもってください。

外壁にかけていらっしゃるならば
ホースやジョウロで長めにうえから水をかけてあげれば
OKです。

水遣りの回数や間隔は
「多肉植物管理のポイント」
参考にしてみて下さい

スポンサーサイト

268 季色的多肉植物管理のポイント

管理のポイント

「春」
生育期。
明るい風とおしのよい場所に置き、2週間に1回たっぷり水やりします。
梅雨時期から夏にかけて蒸れないように水やりを減らしてください。

「夏」
直射日光はさけ、軒下などの風とおしのよい場所に置き
乾燥気味に管理します。月に1回、夕方に水やりします。
 
「秋」
生育期。
日光浴をたっぷり出来る風とおしのよい場所に置き
月に2回ほど、水やりします。
光が足りないと徒長(ひょろひょろ伸びる)します。
紅葉を楽しむために肌寒くなってきたら十分に風にあててください。

「冬」
霜があたらず、凍らない日当たりの良い場所で管理します。
寒さに当てて、低温で管理すると、より鮮やかな紅葉が楽しめます。
月に1回、朝に水やりします。

季節に合わせた管理で
多肉ライフを楽しんでください。

177 季色的水やり

今日は季色的
タブロー&リースの
水遣りの紹介です

多肉植物の葉がしわしわしてきたら水あげサインです

種類によってタイミングは異なりますが
水をほしがっている子をメインに考え、水あげしていきます

?洗面器、鉢底皿などに入れます
mizuyari001.jpg
?水をジャージャーかけていきます
mizuyari002.jpg
?水苔の中の土に水がしみ込むよう一時間ぐらいつけておきます
mizuyari003.jpg
?風とおしのよい明るい場所(直射日光は避けます)にさげ
水がたれなくなるまで待ちます
?元の位置にディスプレイします

今回写真のリースはエアープランツと呼ばれている
チランジア属のウスネオイデスをつかっています
エアープランツだからといって水をあげないと
茶色に変色して、枯れてしまいます
なのでこの水遣りはエアプランツにとっても良い方法です

これから梅雨時期に入ります
蒸れには十分ご注意下さい
扇風機用意しなきゃ!です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。